連載小説
[TOP] [目次]
子供と親の再会・・・
(一旦子供達目線です。)












(ハーイここが世界最大の国、紅漣ですよー今日はここの中心のお城を見学しまーす)
「チッ修学旅行なんて面白くねーよ」
「あらレオンでも、いい勉強に成るわよ未来の為にも勉強しなさい!」
「ハァ姉さんは勉強好きで優等生だもんな・・・・俺は学年5位の生徒だもんな・・・もう暇だから帰りたいよ・・」
「そうかな・・・学年5位もいい成績だと思うよお母さんにもお父さんも良いよって言ってたわよ」
「あっそうかいそうかい」
(はい、お城に付きましたよA体型に並んで!)
(さぁ、お城の中では、上品な態度で向かいましょう。特に、レオン君しっかりしなさいよ!そして、今回は光栄な事に、我々の為に紅漣国の女王グレア様の、お話が聞けますそそをしては、いけませんよ!)
「へーい何で、そんな態度しないといけないんだ。まぁ一応、少しお父さんとお母さんに、教えてもらった王族の挨拶と礼儀はしておこ・・・」





(一方グレア達は)
「じゃあ、今日は張り切って行きましょライグは、私と手を繋いでね♪」
「わかった。」
「グレン達も、一緒に来てよ♪」
「う、うん」
「どうしたの、そんな少し恥ずかしそうな感じは・・・・」
「いゃ、その実は子供がその学校に通ってて」
「えっ、グレンの子供が来るの!じゃあ、しっかりおもてなし、しないとグレンは私の、少し後ろ隣で、エリンさんと居てね。」





「さーてと来たわよ♪子供達は、どんな子何だろう楽しみだ♪」




(子供達目線)
「さーてどんな方何だろうグレアさんは・・・」


「まだまだ、若い雌竜か・・・ってええ隣にお父さん!?何で]

お父さん!?お母さん!?


「あははレオン、エリア久しぶり修学旅行楽しんでる?」
「何でお父さんとお母さんがここに居るの?」
「えっグレアさんは俺の母さんだよ」
ええじゃあグレア女王は俺の大母さん!?」
「フフフレオン宜しくねあとエリアちゃんもね!」
「うん!宜しくグレア大母さん」

えっあの方がレオンの母さん意外だ


ざわ・・ざわ・・ざわ・・



「まあ皆さん、今夜は私達がおもてなしするのでたのしんで行ってね!」

13/04/03 23:17更新 / イーグル
戻る 次へ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35b