連載小説
[TOP] [目次]
*インクリング!?
???「ラーララ ラララ…」
全員「?」
???「ハロー。私はリラ。インクリングでもあり人でもある、ただの怪物さ。」
キャラ「インクリング!?」
リラ「そして…全世界のポケモンチャンピオンでもあるプロゲーマー。」
ガスター「なんだと!?」
リラ「みんなの名前ももちろん知ってるさ。右からキャラ、レシラム、フリスク、パピルス、サンズ、フラウィ、ガスター、メタトン、アルフィス、アンダイン…だろ?早速だがみんなにお願いがある。」
フリスク「お願い…?」
リラ「ポケモンバトルと、ナワバリバトルをやりたい気分なんだが…いいかい?」
サンズ「Wow。バトルのお願いか。ポケモンの方はいいが…俺たちゃインクリングじゃねえ。どうやってナワバリバトルなんぞやればいいんだ?」
リラ「そこは心配ご無用。」パッ
全員「何か出た!!」
リラ「これで、好きな組み合わせのインクリングを作ってくれ。入力し終わったら、君たちはその通りのインクリングになる。このようにな。」ピッピッピッピッピッ…ボワン
全員「変身した!?」
リラ(インクリングの姿)「さあ、インクリングになる前にまずはポケモンバトルだ。一番強いのは誰かね?」
キャラ「私だけど…」
リラ「キャラちゃんか。では君とバトルをしよう。」
キャラ「うっし!(ガッツポーズ)」
リラ「おっと、言い忘れてた。バトルのルールは、3体 VS 3体で、どちらとも強制的にレベルは50だ。わかったかい?」
キャラ「わかった。ボックスいじってくるから待ってて。」
リラ「ああ。」
数分後…
キャラ「お待たせ!準備できたよ!」
リラ「では始めよう!」

リラVSキャラ
 start!!

キャラ「来い!アルセウス!」
アルセウス「俺に敵うやつは出てこい!」
リラ「行きなさい!ダークライ!」
ダークライ「ノーマルタイプ…楽勝だ。ヒヒヒ…(気味悪い笑顔)」
アルセウス「げげっ…ゴーストタイプ…」
リラ「[シャドーダイブ]。」
ダークライ「了解。ヒヒヒ…」ジュウウウウ…
キャラ「シャドーダイブ!?ならこっちは…[まもる]!」
アルセウス「おう!スィールドッ!!」ピキーンッ
ダークライ「前に張ってどうする?」バッ
アルセウス「何っ!?ガハッ!」バキッ
効果は抜群だ!
アルセウスは倒れた!
キャラ「アルセウス弱っ」
ダークライ「あと、お前のようなやつは好きではない。」スタッ
キャラ「次は…ギラティナ!」
ギラティナ「ゴーストにゴーストは考えたな。」
ダークライ「ほう…」
リラ「[シャドーボール]。」
ダークライ「いくぞ…そらっ!」ドンッ!
ギラティナ『まずい!速すぎて避けられない!くそっ!』ドゴォッ!
ダークライ「どうだ?」
ギラティナ「いった…でも、半分しか持ってかれなかったな。」
ダークライ「チッ…」
キャラ「次はこっちの番![かげうち]!」
ギラティナ「食らうがいい!」シュッ
ダークライ「はいはい。食らいますよー。」ドゴッ
ギラティナ「手が痛ぇ…(小声)」
リラ「次は[シャドークロー]だ。」
ダークライ「体が切れても知らねぇ。」シュッ
ギラティナ「!?」ジャッ!
ギラティナは倒れた!
キャラ「えっ!?えーと…えーと…レシラム!!」
レシラム「最後は任せてください!」
リラ「交代だ。ダークライ。」
ダークライ「おう。」シュウウ…
リラ「カイオーガ、最後だ。」
カイオーガ「あの技か。」
リラ「カイオーガ、ゲンシカイキ。」
カイオーガ(原始の姿)「スキル、始まりの海!」
ザアアアアアアアア…
リラ「からの[ハイドロポンプ]。」
カイオーガ「この世界はな、殺るか殺られるかなんだよ…。」キュイイイイイイン…
フラウィ「待ってそれ僕のセリフ…」
カイオーガ「死ね。」ドオオオオン
レシラム「水タイプ!?無理無理無理m」ドオオオオン
レシラムは倒れた!

勝者:リラ

観戦者全員「知ってた。」
キャラ「…」
リラ「次はナワバリバトルだ。さあ、選んでくれ。」
全員「わーい!」
18/06/15 22:58更新 / リラ
戻る 次へ
■作者メッセージ
ただいまの所持モンスター
キャラ:レシラム、ギラティナ、アルセウス(全員ひんし)
サンズ:ケロマツ(ひんし)
フリスク:ニャビー(ひんし)
フラウィ:キモリ(ひんし)
パピルス:モクロー(ひんし)
アンダイン:アシマリ(ひんし)
メタトン:イーブイ
アルフィス:ラルトス(ひんし)
ガスター:ミミッキュ
リラ:ダークライ、カイオーガ、?????

主「オクトエキスパンション勝ったぜFooooooooo↑↑」

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35b