連載小説
[TOP] [目次]
*最初のバトル!
ガスター「まずはポケモンを鍛えなきゃね。バトルでもしてみるかい?」
キャラ「ん?」ピカチュウ、レベル100
ガスター「あ…れ…?そのアメ…」
キャラ「不思議なアメ。」
サンズ「それを使ったらどうなるんだ!?」
キャラ「レベルが上がる。」
七人「頂戴!!」
キャラ「え〜…じゃあ、トーナメント式のバトルに勝った人にあげる。」

ということで…

アンダインVSパピルス

アンダイン「アシマリ![あわ]!」
効果は今一つのようだ…
アンダイン「あり?」
パピルス「モクロー![このは]だ!」
効果は抜群だ!
パピルス「やったー!」
アンダイン「え!?まだまだ!もう一度[あわ]!」
効果は今一つのようだ…
アンダイン「キーッ!!」
パピルス「[このは]!」
効果は抜群だ!
アシマリは倒れた!
パピルス「やったぞサンズ!俺様がアンダインに勝った!」
サンズ「よかったな兄弟。」
ガスター「あ、言い忘れてたけどタイプにも相性があるからね。例えば…」
アンダイン「何!?」
ガスター「炎は草に強くて、草は水に強くて、水は炎に強い…とか。」
アンダイン「えぇ…」

サンズVSフリスク

サンズ「なら水のこっちが有利だな。ケロマツ、[あわ]。」
効果は抜群だ!
サンズ「ほらな。」
フリスク「ニャビー![たいあたり]!」
サンズ「何!?」
フリスク「今一つの攻撃以外ならいいんだろ?」
サンズ「でもお前のニャビーはここで終わりだ。[あわ]!」
効果は抜群だ!
ニャビーは倒れた!
フリスク「ニャビイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!」
サンズ「heh。ありがとよ。」

アルフィスVSフラウィ

アルフィス「草と草ね…先行が有利なのは確か!ラルトスちゃん![たいあたり]!」
フラウィ「[たいあたり]!」
(これしか出さなかったのでカット)
アルフィス「[たいあたり]!」
キモリは倒れた!
アルフィス「やった!勝ったわ!」
フラウィ「まぁ、当然だよね。」
ガスター「メタトンは?」
メタトン「ファンからアメ貰ったし、いいよ。」
ガスター「じゃあ次!」

パピルスVSサンズ

パピルス「俺様、勝てるか心配だが、勝ってみるぞ![このは]!」
効果は抜群だ!
サンズ「やべえ!パピルスのモクローは草タイプだった!とりあえず…[でんこうせっか]だ!」
パピルス「あまり効いてないみたいだぞ!勝ちは貰ったな![このは]だ!」
効果は抜群だ!
ケロマツは倒れた!

パピルスVSアルフィス

アルフィス「また草!どんだけ草タイプ多いのよ…[たいあたり]!」
パピルス「モクロー![このは]!…あとちょっとだ!頑張れ!」
(結果…)
ラルトスは倒れた!
アルフィス「あ…」
パピルス「ニェッヘッヘッ!俺様が決勝戦の相手だ!」

キャラVSパピルス

キャラ「ごきげんよう。パピルスにモクロー。君には勝っても負けてもアメをあげよう。その代わり…」
パピルス「その代わり?」
キャラ「君たちにはレシラムと戦ってもらう。」
パピルス「ニェー!レシラムと!?俺様とっても嬉しいぞ!戦いたかったからな!」
キャラ「行くぞ。[ホノオZ]。」
ガスター「!?あれは…!」
キャラ「これが最強コンビのZだ。」
パピルス「ニェー!キラキラしてるー!」
キャラ「ダイナミックフル フレイム!!」ドオオオオオン
パピルス「ニェ!?大きな火がこっちに…ニェエエエエエエエエエエ!!」
ドオオオオオオオオオオオオン
効果は抜群だ!
モクローは倒れた!
パピルス「フクロウさあああああああああん!!」
サンズ「もう苦労がいっぱいで倒れたんだろうな。モクローだけに。」\ツクテーン/
パピルス「SAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAANS!!!!」
18/06/15 22:59更新 / リラ
戻る 次へ
■作者メッセージ
ただいまのモンスター
キャラ:レシラム、ピカチュウ
サンズ:ケロマツ(ひんし)
フリスク:ニャビー(ひんし)
フラウィ:キモリ(ひんし)
パピルス:モクロー(ひんし)
アンダイン:アシマリ(ひんし)
メタトン:イーブイ
アルフィス:ラルトス(ひんし)
ガスター:ミミッキュ
???:?????、?????

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35b