連載小説
[TOP] [目次]
お姉ちゃんと弟
・・・最悪な日だ。
朝学校に行くときに靴紐が千切れる。通学中に黒猫が2匹。階段で2回もこける。テストの順位悪すぎ。「あたしってほんとバ「いわせないよっ!」と、夢予が突っ込んできた。ウチの心は砕けない。
ガチャッ・・・
「ただいま・・・」
「あ!お帰りお姉ちゃん遅かったね?どうしたの?」
エプロンを身に付け、玄関にやって来たウチの弟の契。このキラキラとした笑顔、可愛いなぁ可愛いなぁ
クシャクシャと頭を撫でてやる。
「わっ、どしたの?」
「いやぁ、可愛いなーと思って。」
「えへへ。・・・あ!ナベが吹いてる!」
そう言って台所に走って行った。





「ウチご飯いらなーい」
「えぇっ!」
お姉ちゃんが急にそう言った。魚焼く前で良かった。
「もう・・・早く言ってよ」
「悪ぃ悪ぃ♪」
そう言いながら僕を後ろからホールドした後に頬っぺたスリスリしてくる。
「何かあったの?」
「凹む事があった。まあ、気にしないで。」


ご飯ができた。器に盛って席につく。・・・何故かお姉ちゃんが向かい席に座っているけど。
「・・・お姉ちゃんって、クラスで浮いてる感じがあるよね。皆がリコーダー吹いてるのにお姉ちゃんはバグパイプ吹いてるみたいな感じ?」
「例えがおかしい!・・・まあ、浮いてないこともない。この赤髪で教師にも目つけられてるし。だいたい!ウチが黒髪とか可笑しいわ」
ご飯を口に入れながらお姉ちゃんの赤髪を見る。燃えるような綺麗な赤だ。
・・・一瞬黒髪のお姉ちゃんを想像してしまった。
「何かあったら相談してね?もしかしたら手伝えることかもしれないから♪」
お姉ちゃんは笑いながら「そうだな」と言う。
「ごちそうさまでした・・・っと。」
食器を台所に持っていこうとした時
「さぁて、ウチもご飯にするかな♪」
・・・もう僕はご飯作らない。
「さっき食べないって言ったのに!」
「ん?食べないとは言ってない。いらないとはいったけど。」
僕のご飯美味しくないのかな。そう思っていると、お姉ちゃんが抱きつく。さっきのよりも少し強めに。
「お姉ちゃん痛いー」
「ドラゴンの食事が始まるよ・・・♪」
お姉ちゃんの姿が変わっていく。鱗が生えて身長も伸びていく。まさか食事!
「ウチが契の体に抱きついた時から食事は始まっているよ?」
そう言って僕の首筋を舐める。くすぐったい
「ひゃぁっ!」
ヌルヌルした舌が肩からどんどんと胸へ舐める範囲を広げていく。お姉ちゃんが火竜だからか結構舌と涎の温度が熱い。顔を舐めてくる。
ペチャペチャペチャ・・・
「お姉ちゃん!くすぐったいよぉ///」
「可愛い声に可愛い顔だ♪もぉーっとあじわってやる♪」
僕の体がお姉ちゃんの口の中に飛ぶ。舌が僕を口の中へ投げたのだろう。
「まだまだ味わうよー!」





口の中の弟、契は、少し嫌がっている顔をしているが気持ち良さそうだ。舌に抱きついている。
舌をゆっくり動かして牙の上に置いてやる。そして背中をゆっくりと牙でほぐしていく。
「あっ!うぅん///くすぐったいってばぁ///」
まだまだ・・・♪
すこし強く噛んでやる。背中だけじゃなくお腹とかも。
ニチャッ、クチャックチャッ
「あぅ…お姉ちゃん…///そんなにも僕を牙で噛んで・・・僕なんか美味しい。」
ハァ、ハァと息の上がった契。もっと噛んだり舐め回したりしたいけど、そろそろ契の体力も無くなるだろうから休ませてあげないと
「ああ、とても美味しいぞっ♪さあ、ゆっくり休みなよ。ウチの胃袋で♪」
ウチが上を向きゴクッゴクと嚥下すると、ズブズブと契が喉肉に捕らえられる心地よい感じ。ああ、弟をお腹に収めたのだな。





口の中よりも暑い胃袋。頭がおかしくなりそうだ。ドロドロの液で光っている胃壁がゆっくりとウネウネ迫ってくる。抱きつくと口の中の唾液よりも熱く、唾液よりヌルヌルでネチョネチョでドロドロの液が擦り付けられる。嫌な感じはしない。
ムニュッ、モミモミ・・・
「あひゅ///もっともっと///トロトロだぁ///」
「そっかそっか♪んじゃ消化しちゃう」
ベチャベチャと音がする。今僕が浴びているよりもっと粘着質な何か。
「ウチの胃液はとりもちの様にべっとりしていてその中にとりこんで徐々に溶かすの♪」
熱でおかしくなったのかもしれない。消化されちゃってもいいと思っていた。
僕の体の前にその塊が来る。僕の体に触れれば取り込まれてしまう。しかし僕は喜んでいた。お姉ちゃんとずっと居られる。嬉しい
「・・・なんちゃってー♪」
触れる寸前で塊が胃壁に吸収される。
「こんなことしたら夢予に怒られちゃうよ。」
どんどんと僕の体が床に沈んでいく。
「明日の朝までウチの胃袋で寝てて。」
「・・・うん♪」
完全に胃の床に飲み込まれた。耳に聞こえるのはグッチョグッチョと液の混ざる音。それと鼓動だけ。
「お休み。ティラミスお姉ちゃん♪」
「お休み。契♪」
14/07/23 02:06更新 / イル
戻る 次へ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35b