連載小説
[TOP] [目次]
シーン25
「すまない、遅くなった。……何か変わったことは?」
 場所は洞窟の入り口から数十メートル離れた木立の中。どこかから戻ってきたらしい。腹這いの姿勢で中の様子を窺っていた二匹の真っ白いキュウコンの右隣に腰を下ろしたのは――同じく純白の毛皮に包まれたキュウコンだった。真ん中の一匹が前を向いたまま口を開く。
「今のところは特に何も。……報告してくれ」
「……了解」
 軽く頷いた彼は他の二匹と同じ姿勢になる。
「良いニュースと悪いニュースが一つずつ。どちらから聞きたい?」
「良いニュースに一票!」
 高々と前足を上げる左端のキュウコン。真ん中のキュウコンも縦に首を振る。
「では良いニュースから。……有志連合の最後の生き残りが降伏した。俺達の完全勝利だ」
 左端のキュウコンが口笛を吹くも、真ん中のキュウコンは冷静な反応だった。彼は表情ひとつ変えず質問する。
「捕虜と女子供は?」
 右端のキュウコンは洞窟を顎でしゃくる。
「それなら奴の親父の元に一匹残さず。最後まで我々に盾突いた罰だとか!」
「素晴らしい! すぐに奴らも後を追わせてやろう! 喉首を掻き切ってくれる!」
 復讐者と化した彼らの辞書に正々堂々の文字はなかった。前足に装着したナイフをベロリと舐めた彼は、哀れな獲物が血しぶきを上げて絶命する様を想像しながら、不気味な笑みを顔いっぱいに浮かべるのだった。
「お次は悪いニュースだ。心して聞いてほしい」
 本当に悪いニュースらしい。右端のキュウコンは声を低くする。
「別動隊の連中だが……サツにパクられた。俺達についてゲロするのも時間の問題だろう」
 二匹の視線が彼の顔に集中する。
「んなっ!?」
「はぁっ!?」
「……しっ! 声がデカい!」
 口に前足の爪を立てる右端のキュウコン。頭を抱え込んだ真ん中のキュウコンはギリギリと歯噛みをする。
「不甲斐ない犬どもめ……! いつどこで抜かった!?」
「知るか。こっちが聞きたいくらいだ」
 不機嫌な声で返す右端のキュウコン。真ん中のキュウコンは怒りが収まらない様子だった。わなわなと全身を震わせた彼は、前足のナイフを雪原にザクリと突き立てる。
「それは百歩譲って仕方なかったとしよう! なぜ返り討ちにできなかった!? 壊滅状態ではなかったのか、街の警察は!?」
 右端のキュウコンは明後日の方を向いてしまう。
「その件だが……アカデミーの優秀な奴らを前倒しで投入していたらしい。お前も知っているだろう? 奴の腰巾着のルカリオを? 一匹はそいつにボコられたんだと!」
「あの薄汚い乞食のガキめ! 舐めた真似を! 今に思い知らせてくれるわ……!」
 額に血管を浮かび上がらせた彼は殺意を新たにする。
「まぁまぁ、落ち着けって。ここは前向きに行こうや」
「どう前向きに行こうってんだ?」
 速攻で右端のキュウコンにツッコまれるも涼しい顔だった。含み笑いを漏らした左端のキュウコンはこんなことを打ち明ける。
「決まってんだろ。帰るんだよ、島に。あのメスガキを母親もろとも消した後でな。有志連合も滅びちまったんだし、もう誰も逃れてきやしないさ。ここに居るだけ無駄ってもんじゃねぇか。帰って一休みしようぜ」
 信じがたい台詞だった。右端のキュウコンは言葉を失ってしまう。
「いっ、居るだけ無駄って……。お前さんよぉ。じゃあ、聞かせてもらうが、アイツはどうするつもりだ? まさか置いて帰る気じゃないだろうな?」
「は? アイツって誰よ?」
 ポカンとした顔をする左端のキュウコン。強烈な目眩に襲われた彼は雪原の上で大の字になってしまう。
「おいおい、勘弁してくれよ……。とぼけんじゃねぇ! あのマニューラだよ! お前が操り人形にした! とっとと実験とやらを終えて始末しやがれってんだ、あんな化け物!」
「あぁ、奴のことか」
 雷を落とされるも何食わぬ顔だった。左端のキュウコンはフンと鼻を鳴らす。
「実験なら三日前に終わったさ。俺なりの最適解を見つけたからな。それに、始末なんかしたくないね。一族の繁栄のために身を捧げてくれた功労者なんだからよ。後は奴の自由にさせてやるのが情けってもんじゃねぇか。お前さんもそう思わないかい?」
 もういい、そういうことにしておいてやろう。どうせ何を言っても聞く耳を持たないのだから……。すっかり諦めてしまった右端のキュウコンは真っ白い息を吐き出す。
「自由に、ねぇ? 今の奴に自我と呼べるものが残っているかどうか怪しいもんだが! ま、好きにすりゃいいさ。ここの連中が何匹死のうが俺達には関係ねぇんだからな。このヤマが終わったら帰ろうぜ。……おい、同志オルム。あんたの意見は?」
 疲れた表情で隣を見る右端のキュウコン。オルムと呼ばれた一匹は洞窟の入り口を見据えたまま小さく頷く。
「悪くない。だが今は眼前の敵に集中するんだ。余計なことを考えるな」
 左右に目をやった真ん中のキュウコンは更に言葉を続ける。
「交代で番をしよう。真夜中までは俺が受け持つ。先に休んでいてくれ」
「……了解、恩に着る」
「……へへっ、悪いね」
 フッと表情を緩めて立ち上がる両サイドの二匹。感謝の言葉を述べるなり回れ右をした彼らは、駆け足で野営地へと引き揚げて行くのだった。
 既に日は完全に落ち、漆黒の闇が辺りを包み込んだ後だった。白一色の銀世界の真ん中で獲物を待ち続ける一匹のキュウコン。雪に刺さったままだった前足のナイフを引き抜いた彼は、その刀身を洞窟の入り口にかざす。
「右目だけで終わらせるものか。今度こそ、必ず……!」
 二年前の記憶を蘇らせた彼は、血塗れの刃に誓うのだった。
21/02/01 21:14更新 / こまいぬ
戻る 次へ
■作者メッセージ
お世話になっております。こまいぬです。

以上、コユキちゃん(アローラキュウコン)に魔の手が迫るシーンでした。
彼女の話にあった暗殺事件の真相にも少し迫れたかと思います。

アイスクリームとヨーグルトもあることですし、悪いキュウコン君達には、ベロベルト君の胃袋の中でドロドロのヨーグルトシェイクになってもらいましょう……。

次のシーンでvoreに繋げられそうです。今回もお読み頂きありがとうございました。

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35b