連載小説
[TOP] [目次]
プロローグ 〜嫌な予感の町内アナウンス〜

ここはあきれかえるほど平和な国「プププランド」。

今日もいつも通り、カービィたちが遊んでいました。

「マホロア!投げるよー!!」

「バッチリ取っちゃうヨォ〜♪」

いつもと変わらず、ボール投げをしているのは
まん丸ピンクでおなじみのカービィ、
猫耳魔法使いのマホロア、
二股帽子で玉乗りのマルクであった。

ちょうどカービィがマホロアにパスしようとしたとき、町内アナウンスが流れた。

キンコンカンコーン♪

「えー…暇人な庶民どもに告ぐ。
全員デデデ城に来るゾイ!!」

キンコンカンコーン♪

「…。」

3人の間に沈黙の間が生まれた。

「えーっ…デデデ城に行くの〜?」

まず口を開いたのはカービィ。

「しかも今ノハ強制的ミたいだヨォ〜…」

少しテンションが下がったマホロア。

「行きたくないのサ…」

マルクはブツブツ文句を言った。

誰だって、あのわがままな大王に会いたいとは思わない。

しかしこれで行かなければ、やたら文句を言われるのは目に見えていた。

仕方なく、3人はデデデ城へと歩みを進めていった。

13/09/06 07:21更新 / みかづき
戻る 次へ

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35b