捕食小説投稿所A>エヴァンゲリオン弐号機>人食いクジラ

人食いクジラ

エヴァンゲリオン弐号機

INDEX

  • あらすじ
  • 01 大海
  • 02 次の獲物
  • 03 観察
  • 04 クジラの記事
  • 05 クジラとの戦い
  • 06 クジラの体内で…
  • 07 何処かの国の王女
  • 08 王女の行く先
  • 王女の行く先

    王女はクジラから逃れるため、クジラを叩いたりと抵抗をするが、すべて無駄に終わり、だんだんと王女は息苦しくなってくる。
    「うぅ…早くしないと…」
    その言葉を聞いたクジラは、にやりと笑みを見せると、王女を咥えたまま、水面に向かう。
    そしてそのまま水面からジャンプをし、あたりに水滴をまき散らす。
    その間に王女は、地上の空気を吸い、一息ついた。
    しかし、これはクジラの作戦であり、決して王女を逃がそうと考えたわけではない。
    ジャンプしている間にクジラは大口を開けると、王女をその中に引きずり込んだ。
    「キャアッ!」
    王女は、訳も分からず暗闇の中に呑み込まれていき、そして暗闇の中に消える。
    その後、クジラはゴクリッ…という鈍い音を響かせると、王女を食道に落とし込んだ。
    クジラの食道に落ちた王女は、生暖かい粘液が体につく中で、必死に暴れている。
    だが、食道の肉壁は王女を優しく包み、胃袋に送っていく。
    しばらく時間がたったのち、クジラの胃に続く噴門の前に辿り着き、獲物である王女が来たことを感知した胃が、噴門を生々しい音とともに開く。
    王女は滑りながら胃の中に入り、先ほどまで開いていた噴門は固く閉ざされてしまった。
    王女は自分が獲物になったことを強く実感すると、胃袋をひっかきまわしたり、胃壁をけったりと暴れ始める。
    普段の王女はしない行動を、怒り狂ったかのように実行していく。
    それもクジラには聞かず、胃壁はその暴力をいともたやすく受け止めて見せた。
    クジラは何ともないかのような顔をして、海の中の遊泳を楽しんで、王女が消化されるのを待っている。
    「この私が…っ」
    しばらくしたのち、胃壁から胃液が出てきて、胃の中に注がれていく。
    その光景を王女は見ると、より一層荒々しくなり、噴門をこじ開けようとした。
    しかし、固く閉まった噴門は脱出を拒み、王女を逃がさない。
    そうこうしているうちに胃液は胃の中全体に行き届き、王女の体にも異変が生じる。
    「痛っ…」
    王女の体に激痛が走り、その痛みは全体に広がっていく。
    衣服はどんどん溶け落ち、もう体を守る物も無くなった。
    そしてその痛みが続き、王女の体が溶けはじめる。
    その光景を見た王女は恐怖を感じ、涙を流し始める。
    しかしその体は王女の意に反して融解していき、胃液に溶け出す。
    そして色は赤に変色していき、胃壁も喜び勇むかのように動いている。
    その情景と痛みが続き、ぷっつりと王女の意識は途切れる。
    王女はピクリとも動かなくなり、その体は粥状になり、小腸へと流れていく。
    小腸は行動を開始し、元が王女だったものから水分を奪い取り、先に進めていく。
    粥状の物はだんだんと硬くなり、そして大腸に行きつく。
    それを感じたクジラは、いつもの場所に行き、用を足してきた。
    その後クジラは我が物顔になり、遊泳を楽しんだ…。

    13/12/21 12:05 エヴァンゲリオン弐号機   

    ■作者メッセージ
    今回でこの小説は終わりですw
    読んでくださった方、感想をくれた方、どうもありがとうございましたw