戻る / 目次 / 次へ

朝日

アレハンドロたちはタクシーで家に戻った。


朝日が差し込み、アレハンドロの家にも明るさが戻った。

「起きろ、朝だぞ!」
「おはよう、パパ!」

そして、2人は朝食にブリトーを食べた。

戻る / 目次 / 次へ

top / 感想 / 投票 / RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35b