戻る / 目次 / 次へ

囚われた兵士

ぐじょっという音とともにアレハンドロは吐き出された。

着ていた服はボロボロになり、穴が空いていた。
「酷い臭いだ。洗って服を着せてやれ。」

アレハンドロは抵抗しようとしたが、テーザーガンで撃たれ気絶させられてしまった。



数時間後、アレハンドロは白い部屋で目を覚ました。その時、彼の体は包帯を巻かれ激痛が走った。

すると扉が開き、何人かの男が入って来た。
「これがお前のガウンだ。着ろ。」
アレハンドロは白いガウンを着て男たちと廊下に出た。
「なぁ、携帯電話持ってるか?息子に電話したい。」
「必要ねぇよ。」

入ったのは実験室だった。
そこにはアレハンドロの息子のホルヘと弟のレオナルドがいた。レオナルドは手錠をつけられ、顔中に痣ができていた。
レオナルドの横には背の高い白衣の男がいて、アレハンドロが実験室に入ると彼の方へ歩いて来た。
「どうも、私はユーリ…科学者だ。君のことは隅から隅まで調べさせてもらった。イラクに2度派遣されてるな。それに勲章も。海兵隊ではかなりのエリートじゃないか。今ではSWATに所属…」
「何をした?」
アレハンドロはレオナルドと目の前の男を見て言った。
「君の弟は少々気が強い。だからこちらも少しばかり手荒な手を使わせてもらったよ。だが、安心してくれ。子供にはまだ何もしていないさ。」

「パパ…」
ホルヘは今にも泣き出しそうな顔で父親を見ていた。
「大丈夫だ。痛い事はさせない。すぐ帰れるからな。」
「ふはは。出来ない約束はするものじゃない。君には、ある事をやってもらう。」
「何だ?」
「殺し合いだよ。」
「断ったら?」
「そうだなぁ…」
そう言ってリザードンとラティアスの方を見た。
「お腹空いているか?」
「ええ、とっても。」
「ああ、このガキを食ってもいいのか?」
ユーリはニヤリと笑みを浮かべると、再びアレハンドロとホルヘたちを見た。
「だそうだ。とすると君に拒否権はあるかな?」
「誰を殺せばいい?」
「殺すのは人間じゃない…」

そう言って、ユーリはアレハンドロをガラス貼りの部屋に押し入れた。


戻る / 目次 / 次へ

top / 感想 / 投票 / RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35b