連載小説
[TOP] [目次]
Yo!ドラゴン!
8号「かわいー!」
3号「かっけー!」
4号「クールー!」
レシラム「あー…えー?」
4号「よし…君、お水好き?」
レシラム「水はちょっと…僕は炎タイプなので…あと、名前はレシラムです。」
4号「二人は?」
二人「おー水ー好きー♪」←フライ・オクト・フライの空耳
4号「…は?」
4号『チッ…先輩とのビデオ見せようとしたらこれかよ…』
レシラム「その音楽!知ってますよ!」
8号「マジ!?」
レシラム「パートナーの方がよく歌ってて…それで、今もこのスマホの中にあるんです。」
3号「ほう…なんか無性に聴きたくなってきた…聴かせてもらっていイカ?」
レシラム「はい!」ポチッ

 ♪フライ・オクト・フライ♪

4号「やっぱりイイダの声はいいね〜♪」
8号「4号さんはイイダさん派ですか〜、私はヒメさん派ですね〜」
3号「私はホタル一択だな!」
レシラム「今の8号さんの喋り方、イイダさんに似てませんでしたか?」
3号「うん。似てた。」
8号「あ、バレてた?ハハハ…」
レシラム「わざとだったんですね…」
4号「そういえば、8号ってイイダと同じシオカラ節のグルーヴを宿したタコ何でしょ?」
8号「はい。一週間前話しましたよ?」
4号「モノマネとかできる?」
3号「ちょ、おまっ」
8号「う〜ん…それはちょっと無理ですかね…」
4号「そっか…まあそうだよね〜」
ヒメ《Yoハチ!言いたいことがある…んだが、そこにいるやつらは誰だ?》
8号「わわっ、いつの間に…」
ヒメ《教えろ!!》ギャーギャー
8号「え、えーと…このゲソがスパッと切れてる方が4号さん。こっちのドラゴンがレシラムさんです。」
ヒメ《4号とレシラムか!よろしくな!…ん!?4号!?》
4号「私のこと知ってんの?」
ヒメ《4号のことは、シオカラーズから聞いたことがあるゾ!》
4号「まさか…聞いたのは、あの事件のこと?」
ヒメ《そうだゾ!アオリちゃん行方不明事件のことだゾ!》
8号「アオリちゃん行方不明事件?」
4号「話すと長くなるけど…」
3号「話せ。」
4号「わかった…」
説明中…
4号「こういうこと。」
3号「なるほどな…あいつ、脱走してたんだな…」
ヒメ《話し戻していイカ?》
3号「ああ。」
ヒメ《そこら辺でイイダ見なかったか?》
8号「イイダさん?見ませんでしたけど…」
レシラム「あー、イイダさんのことですか。イイダさんなら、タコツボキャニオンで見ましたよ。」
ヒメ《ホントか!?なら行ってくるゼ!》
ブツッ!!
四人「あ…」
18/06/21 21:15更新 / リラ
戻る 次へ
■作者メッセージ
ナムコ車掌「なんか私、空気になってる気ガ…」

TOP | 感想 | RSS

まろやか投稿小説ぐれーと Ver2.35b